企業が求める人材とは?

転職エージェントイメージ転職エージェントとは、正式には「有料職業事業紹介所」と言います。
厚生労働省から認可を受けた人材紹介会社や人材バンクなどと呼ばれる会社のことです。
転職希望者に求人情報の紹介から面接の調整・入社日の調整など転職のサポートをしてくれます。
また専任のキャリアコンサルタントが転職についての相談やアドバイスを行ってくれるところなどもあります。

転職エージェントへ登録して職務経歴なども登録すると、職務経歴などを見て興味を持った企業の方から面接などのスカウトが来るところもあります。企業の方からオファーが来たからといって必ず採用されるわけではないようですが、興味を持たれているのですから採用の確率は高いと言えそうです。

企業からのオファーや検索結果などを見ると、上位には27、28歳前後の人が多いです。職種によって異なりますが、だいたい26〜31歳くらいの転職者を企業は求めていると言えそうですね。

職種別ですと、例えば営業職関連の募集には営業職経験のある方が上位にきています。資格については普通自動車免許、語学は英語での会話レベル、北京語での会話レベルの方が上位のようです。

転職者の場合は企業も即戦力を期待していることが多いので、同じ職種経験者が未経験者よりも有利といえますが、たとえ前の職種と違っていても経験を生かせることができることをアピールできればチャンスは広がるでしょう。