看護師の転職

転職エージェントには大手から中小まで様々な転職エージェントがありますが、中小の転職エージェントには、特定の業界に特化した看転職エージェントがあります。例えば、エンジニアや金融機関が代表的ですが、専門的なノウハウが要求される業界では医療機関がその代表例として挙げられます。

病院を筆頭に様々な医療機関が存在しますが、医療機関の現場状況や医師などスタッフのキャリア、どの様な人材が必要など、転職エージェントには詳細な情報収集力が求められます。私の知人で看護師の求人を大阪で探している方がいてましたが、病院の経営環境など不明な点が多く、その看護師は求人を大阪で探すうえでかなり難儀されていたのを記憶してます。

その友人は結局、医療従事者専門の転職エージェントに登録しましたが、金銭面はもとより勤務時間や福利厚生を含めて満足いく医療機関に就職しました。

前職では不規則な勤務時間に相当悩んでいましたが、意を決して医療専門の転職エージェントに登録したことが、良い転職に結びつきました。看護師の中には、結婚後に病院を退職、その後、家事との両立で医療現場で再度働きたいという方も多く存在します。看護師の職業は求人誌などで安易に見つけることは大変です。

転職エージェントを利用することで、希望にあった医療現場で再就職の可能性は拡がります。医療機関で働くのはかなりの労力が必要ですから、転職エージェントで働きやすい医療機関を見つけてほしいですね。

大手と中小を使い分ける

不況が長期化する中で、リストラで無職になった方も多いと思います。求人誌やハローワークで求人を探しますが、どの会社も数人の求人に対して応募者が何十人規模ですから、採用されるのは至難の技です。

企業側も応募者が多いから、採用担当者もその中から誰を選ぶか、かなり大変だ、という話も聞いたことがあります。企業側の立場にたてば、不特定多数の転職希望者が閲覧する一般求人よりも転職エージェントを通じて、有望な人材を厳選したいと感じる企業も存在すると思います。

そのようなことを考えますとやはり転職エージェントを通じて非公開の求人をセレクトしてもらうのは、採用される早道かも知れませんね。さて大手の転職エージェントになれば、非公開の企業数が20000から30000社近くにもなる転職エージェントがあるようです。大手の転職エージェントはサポートしている業界が幅広いですから、数多くの企業とパイプがあるわけですが、非公開企業が少なくても外資系企業に太いパイプをもつ転職エージェントもありますから、非公開企業数の多さだけで判断はできせん。

前回も申し上げましたように、これまで経験してきた業界・業種を見つめ直して転職エージェントを見つけることが重要です。

そして転職エージェントに迷ったときは大手と中小で複数の転職エージェントに登録するのも一法です。それぞれの転職エージェントの特徴をうまく活用して就職先を見つけるのも効率的な就職探しだと思います。

特定の業界に特化した転職エージェント

転職エージェントについてブログを書いておりますが、転職エージェントといっても大手から中小まで数多くの転職エージェントが存在します。

大手といわれる転職エージェントは、業界ごとに専属のアドバイザーを配置して、幅広い業種の企業から求人情報を取得しておりますが、中小の転職エージェントでは特定の業種に特化して求人情報を把握しているところもあります。転職エージェントとしての規模自体は小さくスタッフも少人数ですが、特定の業種に企業とはパイプは太く、他の転職エージェントが把握していない企業から求人情報を取得している可能もあります。

そんな転職エージェントの場合は、転職される方の中から特定の業界の出身者しか登録できないというケースもあるかも知れませんが、転職エージェントがサポートしている業種とあなたの経験した業種がマッチングすれば、転職が叶う可能性が高くなります。

たとえば金融機関専門の転職エージェントが存在しますが、その転職エージェントの場合は、国内外の金融機関や投資顧問会社まで数多くの非公開求人を把握しております。金融機関出身の方が、一般の求人情報から探して見つから無くても、金融機関専門の転職エージェントなら、あなたにあった転職先を紹介してくれる可能性が高くなります。

これは金融機関に限らず、医療機関に強い転職エージェントなど特定の業界に特化した転職エージェントは数多く存在します。転職エージェントを探す場合がその業界に強い転職エージェントを見つけましょう。